Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

データプレパレーション

データの整合性と質は、精度の高い予測モデル作成の基礎です。 これらのセクションでは、プロジェクトが「ガベージイン、ガベージアウト」の結果に悩まされないようにするためにDataRobotが提供するツールと視覚化について説明します。

DataRobotのラングリング機能では、ノーコードインターフェイスでのデータ準備や特徴量エンジニアリングが可能なため、変換をリアルタイムで確認でき、データからモデルまでの時間を短縮できます。

このセクションでは、以下のトピックについて説明します。

トピック 内容...
データ ユースケースにリンクされたデータセットとラングリングレシピを管理し、探索的データインサイトにアクセスします。
データを追加 ローカルファイル、データ接続、またはデータレジストリからユースケースにデータセットを追加します。
データのラングリング データソースから移動せずにモデリング用のデータをインタラクティブに準備して、新しい出力データセットを生成します。
特徴量探索 複数のデータセットを対象として、交互作用ベースで特徴量を作成します。
リファレンス 接続機能や、機能に関する注意事項など、データ準備の参考資料を参照できます。

更新しました May 14, 2024