Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

Azure OpenAI Service integration

本機能の提供について

セルフマネージドAIプラットフォームの場合、Azure OpenAIとの連携は、デフォルトではオフになっています。 この機能を有効にする方法については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

さらに、セルフマネージドAIプラットフォームをお使いの場合、DataRobot Notebooksでのコードアシスト機能の使用を設定するには、Azureのユーザーアカウントを作成して、Azure OpenAIモデルのデプロイを管理する必要があります。

機能フラグ:NotebooksとOpenAIの連携を有効にする

コード生成を支援するOpenAIの大規模言語モデルを適用することで、DataRobot Notebooksでのコード開発ワークフローを強化できるようになりました。 DataRobot NotebooksでのAzure OpenAI Serviceの連携により、Azureのエンタープライズグレードのセキュリティおよびコンプライアンス機能を備えた最先端の生成モデルを活用できます。

コードアシスタントの使用

DataRobot Notebookのコードセルで作業する場合、支援を選択することで、コードアシスタントにアクセスできます。

選択したら、何を実行するかをアシスタントに伝えることで、プロンプトを完了します。 以下の例では、Azure OpenAI Serviceに、Irisデータセットを使用してPandas DataFrameを作成し、コメントを含めるためのコードを記述するよう要求しています。 プロンプトが表示されたら、OpenAIの実行をクリックします。

アシスタントが実行するまでしばらく待ってから、セルでプロンプトの結果を生成します。 プロンプトは、セルの最初のコメントとして維持されます。

コードアシスタントは、生成されたコードをセルのコードエディターで動的にマテリアライズするため、完了!をクリックすることで、プロセスの高速化を選択できます。

最初の結果を生成した後、同じコードセルで繰り返すことができます。 支援をクリックし、同じコードセルに別のプロンプトを表示し、OpenAIを実行を選択します。 たとえば、上に表示されたセルでは、各行にスペイン語のコメントを追加するように、コードアシスタントに求めることができます。

結果のセルには、コードの各行に対するコメントがスペイン語で表示されます。

生成が完了したら、コードアシスタント生成の有用性を評価できます。 スマイリーフェイスを選択し、評価を行います。

モーダルから、生成されたコードが役に立ったか、役に立たなかったか、あるいは、不適切または有害なコンテンツを含んでいるかを選択します。


更新しました May 16, 2024