Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタムジョブのキー値の管理

ジョブの作成時、またはジョブの実行後に、アセンブルタブから、または実行タブでの実行からキー値を作成できます。 さらに、既存の(ユーザーが作成した)キー値を編集または削除できます。 詳しくは、完全なドキュメントをご覧ください。

キー値を追加

カスタムジョブに新しいキー値を追加するには:

  1. カスタムジョブのアセンブルタブで、キー値セクションに移動します。

    ヒント

    実行タブでキー値を実行に追加することもできます。

  2. キー値カテゴリーのグループボックスで、+ 追加をクリックします(または、そのカテゴリーに1つまたは複数のキー値が存在する場合は、+ タグを追加+ 指標を追加などをクリックします)。

  3. 新しいキー値を追加ダイアログボックスで、以下の設定を行います。

    設定 説明
    カテゴリー デフォルトは、+ 追加をクリックしたグループボックスのカテゴリーです。 新しいキー値に対して以下のいずれかのカテゴリーを選択し、目的別にキー値を整理します。
    • トレーニングパラメーター
    • 指標
    • タグ
    • アーティファクト
    値のタイプ 新しいキー値に対して、次のいずれかの値タイプを選択します。
    • 文字列
    • 数値
    • ブーリアン
    • URL
    • JSON
    • YAML
    名前 キーと値のペアのキーにわかりやすい名前を入力します。
    以下の値タイプのいずれかを選択した場合は、適切なデータを入力します。
    • 文字列:4 KBまでの任意の文字列を入力します。
    • 数値:整数または浮動小数点数を入力します。
    • ブール値TrueまたはFalseを選択します。
    • URLscheme://location形式のURL。例:https://example.com。 DataRobotは、URLを取得したり、ユーザーインターフェイスでこのURLへのリンクを提供したりしませんが、ダウンロードされたコンプライアンスドキュメントでは、URLがリンクとして表示されることがあります。
    • JSON:JSONを文字列として入力またはアップロードします。 このJSONは正しく解析する必要があります。そうでない場合、DataRobotでは受け付けません。
    • YAML:YAMLを文字列として入力またはアップロードします。 DataRobotではこのYAMLを検証しません。
    説明 _(オプション)_キー値の目的の説明を入力します。
  4. 追加をクリックしてキー値を保存します。 選択したカテゴリーのリストに新しいキーが表示されます。

キー値を編集または削除

追加、コピー、またはインポートされたキー値を編集または削除するには:

  1. カスタムジョブのアセンブルタブで、キー値セクションに移動します。

    ヒント

    実行タブで実行のキー値を管理することもできます。

  2. キー値カテゴリーのグループボックスを開き、次のいずれかを実行します。

    • 検索をクリックして、編集または削除するキー値を見つけます。

    • タグ指標トレーニングパラメーターアーティファクトのセクションを参照して、編集可能なキー値を見つけます。

  3. 作成したキー値については、編集()および削除()アイコンをクリックできます。


更新しました May 14, 2024