Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタム指標監視の設定

デプロイの設定 > カスタム指標タブで、「注意」および「失敗」のしきい値を定義して、 カスタム指標タブで作成したカスタム指標のステータスを監視できます。

デプロイのカスタム指標の設定ページでは、次の設定を行うことができます。

フィールド 説明
関連付けID
関連付けID モデルの予測データセットで関連付けIDを含む列の名前を定義します。 関連付けIDは予測データセットの識別子として機能するので、後で出力データ(「実測値」)を予測に紐づけることができます。
予測リクエストで関連付けIDを要求 関連付けIDフィールドに入力した列名に一致する列名が予測データセットに存在する必要があります。 有効化したときに、列がない場合はエラーが表示されます。
時系列モデルで自動実測値フィードバックを有効にする 関連付けIDが示された時系列デプロイでは、この設定によって実測値の自動送信が可能になり、UIやAPIから手動で送信する必要がなくなります。 有効にした場合、予測の生成に使用されるデータから実測値を抽出できます。 各予測リクエストが送信されると、DataRobotは特定の日付の実測値を抽出できます。 これは、予測行を予測に送信すると、履歴データが含まれるためです。 この履歴データは、前の予測リクエストの実測値として機能します。
定義
「注意」/「失敗」 計算されたカスタム指標値にDataRobotが論理ステートメントを適用できるようにします。 カスタム指標のしきい値ステートメントを定義して、いずれかのステートメントがtrueと評価された場合に、デプロイを「注意」または「失敗」に分類できます。

カスタム指標監視の定義

選択したカスタム指標に設定した基準に関して、デプロイされたモデルが「注意」または「失敗」状態になったときに警告するしきい値を設定します。

備考

定義セクションの設定にアクセスするには、 カスタム指標タブで指標を設定して保存します。 カスタム指標の監視設定を変更できるのは、デプロイ オーナー だけです。ただし、 ユーザー通知が送信される条件を設定することができます。 コンシューマーは監視や通知の設定を変更できません。

デプロイのカスタム指標ステータスの計算に使用するルールは、カスタム指標の設定ページでカスタマイズできます。

  1. カスタム指標を監視するデプロイで、設定 > カスタム指標をクリックします。

  2. 定義セクションで、任意のカスタム指標の注意および失敗しきい値の論理ステートメントを定義します。

    • 注意の場合、+ 新しい警告ルールを追加をクリックします。

    • 失敗の場合、+ 新しい失敗ルールを追加をクリックします。

    設定 説明
    指標 しきい値定義を追加するカスタム指標を選択します。
    条件 次のいずれかの条件文を選択して、カスタム指標の注意または失敗のしきい値を設定します。
    • より小さい
    • 以下
    • より大きい
    • 以上
    数値を入力して、カスタム指標の注意または失敗のしきい値を設定します。

    たとえば、次のようなステートメントです。「広告キャンペーンは、Campaign ROIless than``10000の場合At Riskです。」

  3. カスタム指標の監視定義を追加したら、保存をクリックします。


更新しました May 14, 2024