Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

予測のリファレンス

ワークベンチの予測では、どのようなタイプのエクスペリメントがサポートされていますか?

現在、ワークベンチは二値分類および連続値のプロジェクトの予測をサポートしていますが、時系列および特徴量探索のプロジェクトはサポートしていません。 開発が進行中であるため、サポートされている機能の完全なリストについては、 機能マトリックスを参照してください。

どのような予測オプションがサポートされていますか?

現在、ワークベンチは入力特徴量を含めるオプションのみをサポートしています。 追加の予測オプションでは、ワークベンチでモデルを構築し、DataRobot Classicに切り替え、 モデルをデプロイしてから、 バッチ予測を作成r することができます。

DataRobot Classicで予測を行うにはどうすればよいですか?

DataRobot Classicではワークベンチモデルに対する予測の作成はできますが、 リーダーボード(UIまたはAPI経由)からのみ、または モデルをデプロイした後にのみに行うことができます。 モデルをデプロイする場合、 バッチ予測を作成できます。

ワークベンチとDataRobot Classicは、簡単に切り替えることができます。 アプリケーションの上部ナビゲーションバーからワークベンチにアクセスします。

DataRobot Classicに戻ってモデルのデプロイと予測を行うには、上部ナビゲーションバーでDataRobot Classicをクリックしてから、ドロップダウンリストでワークベンチを終了をクリックします。

DataRobot Classicから、 モデルをデプロイして 予測を作成できます。 プロジェクトドロップダウンに表示されるユースケース名で、DataRobot Classic UI内のワークベンチのユースケースを識別できます。

トレーニングデータで予測を行うことはできますか?

トレーニングデータに関する予測の作成はしないでください。 トレーニングデータセットをアップロードして予測を作成できますが、結果がDataRobot Classicのリーダーボードの結果と常に一致するとは限りません。 トレーニングデータで予測を行いたい場合は、DataRobot Classicに戻ってリーダーボード予測を行うことができます。


更新しました June 28, 2023
Back to top