Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

カスタムジョブの作成

カスタムジョブを作成する場合は、必要となる実行環境とファイルをジョブを実行する前にアセンブルする必要があります。 実行環境とエントリーポイントファイル(通常はrun.sh)のみが必要ですが、エントリーポイントとして追加するファイルを指定できます。 ジョブを作成するために他のファイルを追加する場合、エントリーポイントファイルはそれらのファイルを参照するようにしてください。 さらに、ランタイムパラメーターを設定するには、ジョブのランタイムパラメーター設定を含むmetadata.yamlファイルを作成またはアップロードしてください。

レジストリに新しいカスタムジョブを登録してアセンブルするには:

  1. レジストリ > ジョブをクリックし、+ ジョブを追加(または、カスタムジョブパネルが開いている場合は ボタン)をクリックします。

    カスタムジョブがアセンブルタブで開きます。

  2. 新しいジョブのアセンブルタブで、編集アイコン()をクリックしてジョブ名を更新します。

  3. 環境セクションで、ジョブの基本環境を選択します。

  4. ファイルセクションで、カスタムジョブをアセンブルします。 ボックスにファイルをドラッグするか、このセクションのオプションを使用して、カスタムジョブのアセンブルに必要なファイルを作成またはアップロードします。

    オプション 説明
    ソース/アップロードから選択 既存のカスタムジョブファイル(run.shmetadata.yaml、など)をローカルファイルまたはローカルフォルダーとしてアップロードします。
    作成 空のファイルまたはテンプレートを含んだファイルとして新しいファイルを作成し、カスタムジョブに保存します。
    • run.shを作成:エントリーポイントファイルの基本的で編集可能な例を作成します。
    • metadata.yamlを作成:ランタイムパラメーターファイルの基本的で編集可能な例を作成します。
    • README.mdを作成:基本的で編集可能なREADMEファイルを作成します。
    • job.pyを作成:実行時のパラメーターとデプロイをプリントするための基本的で編集可能なPythonジョブファイルを作成します。
    • サンプルジョブを作成:すべてのテンプレートファイルを結合して、基本的で編集可能なカスタムジョブを作成します。 簡単にランタイムパラメーターを設定し、このサンプルジョブを実行できます。
    • 空白ファイルを作成:空のファイルを作成します。 名称未設定の横にある編集アイコン()をクリックしてファイル名と拡張子を入力し、カスタムコンテンツを追加します。 次のステップでは、カスタム名とコンテンツを使用して、このように作成されたファイルをエントリーポイントとして識別できます。 新しいファイルを設定したら、保存をクリックします。

    ファイルの置き換え

    既存のファイルと同じ名前の新しいファイルを追加する場合、保存をクリックすると、ファイルセクションで古いファイルが置き換えられます。

  5. 設定セクションで、以下の設定を行います。

    設定 説明
    エントリーポイント ジョブのエントリーポイントシェル(.sh)ファイルを定義します。 run.sh ファイルを追加した場合、そのファイルがエントリーポイントです。それ以外の場合は、ドロップダウンリストからエントリーポイントシェルファイルを選択する必要があります。 エントリーポイントファイルでは、複数のジョブファイルを調整できます。
    リソース/ネットワークアクセス カスタムジョブのエグレストラフィックを設定します。 リソースヘッダーの横にある 編集をクリックし、ネットワークアクセスを設定します。
    • パブリック:デフォルト設定。 カスタムジョブは、パブリックネットワーク内の任意の完全修飾ドメイン名(FQDN)にアクセスして、サードパーティのサービスを利用できます。
    • なし:カスタムジョブはパブリックネットワークから隔離され、サードパーティのサービスにアクセスできません。
    本機能の提供について

    _マネージドAIプラットフォーム_では、ネットワークアクセスはデフォルトでパブリックに設定されていますが、変更可能です。 _セルフマネージドAIプラットフォーム_では、ネットワークアクセスはデフォルトでなしに設定されており、制限があります。ただし、管理者は、DataRobotプラットフォームの設定時にこれを変更できます。 詳細については、DataRobotの担当者または管理者にお問い合わせください。

  6. (オプション)設定セクションで、metadata.yamlファイルをアップロードした場合、ランタイムパラメーターを定義し、設定するキーと値の行ごとに編集アイコン()をクリックします。


更新しました February 8, 2024
Back to top