Skip to content

アプリケーション内で をクリックすると、お使いのDataRobotバージョンに関する全プラットフォームドキュメントにアクセスできます。

V10.0.2

2024年6月20日

DataRobot v10.0.2リリースでは、DataRobotセルフマネージドAIプラットフォームのいくつかの問題が修正されています。 以下については、v10.0.0リリースノートをご覧ください。

v10.0.2で修正された問題

リリースv10.0.1以降、以下の問題が修正されています。

プラットフォーム

  • PLT-13617:セキュアな構成の作成で、構成名が別のテナントに存在する場合にエラーが発生する問題を修正しました。
  • PLT-14148:セルフマネージドAIプラットフォームのデプロイにおいて、ユーザーを別の組織に移動できない問題を修正しました。
  • BTTF-1450:「削除済みプロジェクトの管理」ビューで、「削除日時」フィールドによる削除済みプロジェクトの並べ替えを修正しました。

モデル管理

  • MMM-16846:カスタムモデルの特徴量追跡において、一部の特徴量が追跡されない問題を修正しました。

追跡エージェント

  • AGENT-5708:カスタムモデルの新しいバージョンを作成すると、割り当てられたリソースバンドルが常にデフォルト(cpu.medium)にリセットされてしまう問題を修正しました。

カスタムモデル

  • RAPTOR-10824:NextGenのカスタムモデル、ジョブ、アプリにおいて、ユーザーが基本環境として選択できる実行環境が最大10個しかない問題を修正しました。 これにより、アクセス権に応じて、ユーザーが使用できるすべての環境が一覧表示されるようになりました。

記載されている製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。 製品名または会社名の使用は、それらとの提携やそれらによる推奨を意味するものではありません


更新しました July 2, 2024